読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOLD。

きしくん、お誕生日おめでとうございます。
祝・ハタチ!祝・成人!!

1年前のポストをみたら、

岸くんが19歳の日々も充実して過ごせますように、

心からいのっています。


なんて書いてました。

続きを読む

ガチャガチャ。

自分の好きな俳優さんが出ているドラマでも、面白いとおもえないとなかなか観続けるのは辛い。東出くんが、

「作品を観てもらった人から、『あの役良かったよ』って言われるより、『あの作品良かったよ!』って言われる方がずっと嬉しい」

って語っていて。

ちょうど兄ガチャOA前だったので*1、わたしも「岸くんは頑張ってたよ」じゃなくて、「『お兄ちゃん、ガチャ』面白い!」って心の底からおもえるといいなぁ、とそれを聴きながらぼんやり考えていた。

 

*1:EテレのSwitchインタビュー東出昌大×朝井リョウ

続きを読む

アイドルネッサンスを書き起こす。[その2]

その2は、8月22日の第五回公演…にしたかったんだけど、8月29日の千秋楽公演。
5回公演は間に合わなかった…悔。
5回公演のすきだったとこは、ガラスの靴シールになっこさんが言及した件と、あとラストの乃亜ねっこの感想。率直でエモくて、想いが溢れて止まらないって感じがむちゃくちゃぐっときましたです。二度とみれない…あぁ…
乃亜ちゃんはこの千秋楽の作文朗読も上手で、スピーチの才能があるよね。 
 
千秋楽の一番好きなところは、
「しゅしってなに???」
のこよちゃん。笑
すぐに平易な言葉で言い直した理子さんも、頭の回転早くて惚れる。
 
サイリウムを目の当たりにした様子はほんとにほんとに初々しくて、すごく貴重な瞬間を見せてもらったなっていう喜びでいっぱい。下の動画でもオンデマでも、ライトの逆光がすごくてあんまり表情わかんないけど(苦笑)、最初のサビでは泣いちゃってうまく声が出なくなってるのに、歌うにつれてパワーが増して、最後まできっちり歌い切って、でもまた歌い終わったら泣いてるのがかわいい。
 

 
この回、わたしの念願の初アイドルネッサンス現場でもあったのだけど、オンデマではカットされてた給水タイムに流れていたこの夏の全現場+舞台裏走馬灯VTRが超絶素晴らしかったので、完全版の公開を心待ちにしてる。あれだけデキる運営さんだから何かのタイミングにぶつけてくるつもりなんだろなっておもってるけど、それは一体どのタイミングなのかしら…今夜の初テレビ?定期公演初日前夜?
楽しみ。
 
あと、感極まる子が多い中、こよちゃんだけは日直の責任感?なのか比較的からっとしてみえたので、周りが泣くと逆に冷静になっていく子いるけど、こよちゃんはそれなんだなーっておもってみてました。
が。
下のダイジェスト動画にある袖の様子で、こよちゃんも実は泣いてたのを知って、舞台上では泣かないように我慢してたのか…!ってそのプロ根性に震えました。
めそめそするおねーちゃん達を、よしよしするしっかりものの妹。
でも趣旨はわかんないwっていうこよちゃんのギャップがすき。
日直おつかれさまでした!
 

 

手を打ち鳴らせ!!

岸くん19歳のお誕生日おめでとうございます。

ダンスク読んでて、しみじみと大人になってるんだなぁなんておもいました。

岸くんが19歳の日々も充実して過ごせますように、

心からいのっています。

”君の心は 君を信じている 君の未来に手を打ち鳴らせ!!”

 


THEイナズマ戦隊 手を打ち鳴らせ!! - YouTube

アイドルネッサンスを書き起こす。[その1]

この夏、わたしががっつり恋に落ちたアイドルネッサンス

初めての定期公演全6回のうち、4回め以降がオンデマ配信されたのを、ひたすらリピート視聴した。で、オンデマが配信終了するのが惜しくて、衝動的に書き起こしたのをあげておきます。

あらためて文字にすると、歌や踊りもそうなんだけど、MCでもアイドルネッサンスちゃんたちのそれぞれの個性の集まり方、バランスのとれ方が素晴らしい。

尺きっちり、内容もわかりやすく、時にたどたどしいメンバーをすかさずフォローしていく最年長のかなぼん。(佳)

芸人さんのような、なめらかな語り口で場を盛り上げまわしていくのあねっこ。(乃)

声が他のみんなに比べると小さくて文字上はあんまり存在感なくなっちゃうんだけど、いつでも楽しそうな笑顔が弾けんばかりのなっこさん。(奈)

天然ボケ爆発・ミラクル連発、かわいいがすぎるまいまい。(ま)

ふわっとしたツッコミが優しく的確なりこぽん。(理)

冷静かつ頭の回転が早くて、言葉の選択センスが抜群なまりんちゃん。(茉)

最初と最後の挨拶を担い、まいまいの通訳もしつつ、常に7人のトークだけでなく観客への語りかけを忘れないデキる最年少*1・こよちゃん。(古)

 

セットリストやMCの内容も彼女たちが自分で考えたそうなので、この4回め以降も一回ごとに成長がみえて、みているのが楽しくてしょうがない。

あどけなさと、瑞々しさと、躍動感と、勢いと。彼女たちからかもしだされる多幸感の虜になってしまったので、しばらく追いかけたいなっておもってます。

 

 

*1:なのに知識はやっぱり中学1年生なので、こちらがビックリするようなことを知らなくて、そのギャップがまた可愛いのが千秋楽の見所。

続きを読む

突然の競演。

自己満足ポスト!

サカナクションと、近キョリ恋愛について。

 

 

続きを読む

ハルカカナタ。

といったら、関西の超ベテラン漫才師さんもいらっしゃいますが、私的にはコレです。

 

 
縺れる足だけど前よりずっとそう遠くへ
笑。
 
ちょこっとずつ役柄が書かれたり話されたりして、色々想像してしまって、あげないようにあげないように、とおもってるハードルがあがっていく。
なので、もう素直に楽しみにしておく。
 
あと、カナタがゲイ疑惑のあるお調子者役って出た時に、
  1. ハルカへのスキンシップが異常
  2. かっこいいのに、女の影が全くない
  3. おねえなふるまいで安全パイを装ってる
 
とかかなっておもってたら、どうやら2っぽくて。
そんなきしくんみれるなんて、どんなに現場不明でもよい夏確定。
これでミレイちゃんがもし「カナちゃん」って呼んでたら、その全く男扱いされてない感じが切なくてめっちゃ萌えるんだけどどうだろな…
 
たたんだ先は、ドラマきっかけで思考がとんだプライベートな覚書。