読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕張0518。0519。

初日。Bブロック後列上手側。いつもの友人と二人。

二日目。Aブロック後列上手側。同業と3人。

 

幕張メッセでこんなに音環境を整えることができるんだねぇというのが一番の感想。

 

ライブハウスでスピーカーから大音量で出力される音を、体で振動として感じ取るのが大好きで。新木場コーストとか本当、気持ち良い。

 

でも今回の幕張はそういう体験じゃなく、全身を音で包まれる感覚。

これまで体感したこと、ないかんじ。

最初にDolbyのCM(笑)が入り、最後にエンドロール流れちゃうのも含めて、一番近いのは映画館かもしれない、とおもった。

音の粒もとてもクリアに聴こえる。

ただし初日の立ち位置では、若干、姐さんのベース音は潰れてしまっていたかな。

 

BとCの間に前後に向けたスピーカーが配置されていたからか、

想像だけどCブロックの方がもしかして音環境は良かったのかもしれない。

というのも、手拍子が起こるのがCブロックなんだよなぁ…あれすごい不思議な現象。

二日間とも。

ステージが遠いのと、何か関連あるのだろうか…

 

 

♪ボイル が特に素晴らしかった。

一曲の中で緩急付けられるともうダメで…好みドストライク。

もともとCDで聴いてた時も、いちろーさんの息遣いまで収録されててその生っぽさにぞくぞくきていたけれど。

静寂も音楽。

歌は祈り。

一郎さんはいつも切実。

MCは本篇に一つもないけど、ステージから溢れてくる想いが強くて、ゆらゆらしながら泣きそうになる。 

「遠くに 遠くに置き忘れた夜の言葉よ

正直 正直 諦めきれないんだ言葉を」

諦めて欲しくないよ。

きっとそこは茨の道。でも見届けるからさ。CD買ってライブに行くしかできないけど。

5人が音楽を生み出してくれる限り、きっと聞き続ける。予感。

 

あとずっと想像してたんだけど、♪ネイティブダンサー でついに本物の雪(に見立てた泡)が降ってきてえらい感動してしまった。sakanactionのテーマ・表裏一体、「空が海 見上げた雲は泡」的なことからしても、「わ!雪降ってきた!…違う、泡だ!」っていうのがもう、コンセプチュアルすぎ。あそこはまごうことなき海底だった。

 

5月の幕張の海の底に降る、泡雪。

 

彼ら彼女らは、きっとまだまだ見たことない景色を見せてくれる。

信頼と実績。